Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/23
2009 Mon
Vous faites le visage qui veut observer le la personne morte.
(君は死人みたいな顔をするね。)




退屈は人を殺す、って本当だったんだと激しく思う今日この頃。
つい最近まで大学受験っていう刃が私のすぐ真後ろでチクチクやってらっしゃったのに、いつの間にか消えうせてやることがなくなってしまいました。
取りあえず、積みゲーならぬ積み文庫を消化することで過ごしたここ数日。
活字に飢えていたらしく、とんでもない勢いでとんでもない冊数を読みきりました。
その感想をいっこいっこ書くのもなんだかなぁ、と思って心のノートにだけ書き記し。
次にやることと言っても放置していためくるめく妄想の世界(HP)の更新その他だけ。
ところがどっこい、妄想に終わりや果てなんてないわけで。
やってもやっても次から次に出てきて、そのスピードにタイピングが追いつかないという始末に終えない状況に陥った。
脳みそがドロドロに溶けて少しずつ消えていっている気がしてならない。
なんだ、これ。
この間なんて世界史専攻だったくせに三大宗教が出てこなかった。
ジーザス!
このままじゃ駄目だと思う。
大学に入学する前に私の脳みそはまるで役立たずなこんこんちきになる。
かといってすることもない。
こっそりやってた喫茶店のバイトに行くのも、マスターが毎度の如く放浪の旅に出てしまった。
あ、今何人かウソだと思ったでしょう。
実話ですよ、実話。
私が勝手に店開けてもいいって許可貰ってるけど、
お店の常連さんに開けてくれって言われてるけど、
無理!
一人でそんなことして、もしものことがあったらどうする!
火事でも起こしたら…ああっ、恐ろしい!
そんな訳でバイトの方はパス。
すると本格的にやることがなくなって…。
退屈は人を殺すよ、本当。
遊びに行くのも…ねぇ?
花粉が舞ってて嫌だし。
まぁ、とりあえず明日は確か久しぶりの登校日だったはずなのでワイシャツにアイロンをかけるところから始めようと思う。



02/16
2009 Mon
C'est pire que c'est ignorant, pour ne pas essayer de savoir.
(知ろうとしないのは、無知より悪い)



大学受験、無事終了!
少し前に必要書類を揃えて、入学金その他を振込みに行ってきました。
なんか、ねぇ…。
あの札束見た瞬間に私は卒倒するかと思いました。
こんなに金積んでもらって私は大学に行くのか、と。
何だかとんでもないことをしてしまったような気がして、胃が痛くなりました。
だってほら、引越しやらなんやで更にお金が吹っ飛ぶ訳ですよ?
ああ、もう…!
呑気にサイトやらブログやらの更新してる場合じゃないことに漸く気が付きました←
色々、入用です。
まずはパソコン。
今、使ってるのは中のデータを整理して京都に居残りです。
東京で買おう、うん。
次はケータイ。
色々あって高三の夏辺りに契約解除してたので新しく契約し直さないと!
それから何着か着物を。
私、普段着は着物なので東京に行こうとそのまま着物で過ごします。
そこは譲らない!
この三つは絶対、買わないと生きていけない…!
明日にでも着物は見に行こうかな。

…あ、

今、ふと思ってしまった。
もしやこれ、都落ち…?
いやいや、まっさか!
今のは無し!
今からちょっと出かけてきますー!
02/10
2009 Tue
La salvia continúa ver bajo y vivo ahora generosamente.
(賢者は最低を見続け、今を豊かに暮らす)



お久しぶりです。
東雲はのん、今日ここにON復活宣言!
去年の夏から何の前触れもなくドロンしてごめんなさい。
いや、ダメだったら三月まで頑張ろうと思ってるんでまた少ししたらドロンするかもですが…。
取りあえず、四月からの生活に目途が立ったので報告に!
いやはや、前の記事見たら内容が合唱コンの話だったことに愕然としました。
え、あれ?
私、そんな放置して…え?
コメントのお返事も全然しないで…ああ!折角の相互のお話が!
これ書き終わったら色々挨拶参りにいきますね。
随分と大学受験の件でウダウダ言っておりましたが、結局のところ指定校推薦は受けませんでした。
その代わりに公募推薦なるものを受けて年内に京都で一つ決めて、本試に突入。
センター試験の結果がそこそこ良かったので東京の学校に出したところ見事、合格。
ただ、本命は公募もセンター利用もないので本試勝負でして…。
その本試はいつだったかと言えば昨日だったんですよ!
だから当然、結果は分からないんですけど…。
結構厳しいですしね、大学受験は。
あんな夏の大事な時期に一人旅なんて呑気なことやってたやつに合格通知が出てること自体、間違ってると思います。
三月まで引っ張ってそれでもダメだったら仮面受験生計画発動です←
センターの点数が来年の方が芳しくなかったら今年のが使えますし。
これから受験生になる人にいらんアドバイスを!
やりたいこと、だけに重点をおいて志望校を選ぶことですね。
もちろん学校の雰囲気や通学やら物理的問題も色々出てくるとは思います。
でも結局、大学進学っていうのは学ぶためにするものであって、雰囲気を楽しむものじゃないんです。
世間的に三流と呼ばれるような大学であろうと、自分が学びたいものが学べる環境であるというのが進学の第一目的ではないでしょうか。
私の友人にも進学したい学校があるけれど、親にそんな名前の知られていない大学なんかの学費は払いません!と言われて悩みに悩んだ子がいます。
そんな時は今時の子の常套手段!キレなさい
キレてキレてキレまくって、自分がどれだけその大学で学びたいか、その大学でなければならないかを話すことが重要です。
ちなみに件の友人は親を必死に説得してその大学に進学を決めはりました。
人生の大きな選択のうちの一つです。
後悔しないようにしてほしいです。
…まぁ、私はあの夏の一人旅を激烈後悔中ですがね←
真似しないほうがいいですよ!

ではでは、
こんなところで復活宣言は終了!
これから改めまして、宜しくお願いいたします!



(愚者は最高を見続け、今の豊かさを忘れる)
08/26
2008 Tue
Je vous ai trouvé, à l'obscurité qui il fait mal.
(疼く闇に、君を見つけました)



何だかもう、鬱に拍車がかかって気が狂いそうです。
何にもやる気が起きない。
いくら寝ても寝たりない。
最近じゃ、喋る言葉は「眠たい」「疲れた」「めんどくさい」の三語だけ。
母親に最低限の会話をしなさいと怒られだので、取りあえず明日から「おはよう」を言う所から始めようと思う。
どうにも倦怠感が身体に付きまとって離れてくれない。
大学受験?はんっ、そんなもんどうでもいいわ!
みたいなとこまでキちゃってる私の精神。
楽しいことを考えようとしても、何も思いつかない。
目前まで迫っている学園祭も、準備にあたふたするばかりで楽しいの「た」の字もない。
合唱コンだって何故か私は弾き語り的なことをやらされることになってるし。
弾きながら歌うって、いやそれは別にいいけどメゾ歌えって…。
皆さん、私なら何言ってもいいと思ってるんですかね。
…あはは、ぶっ飛ばしますよ。
「最後だから賞欲しいよねー」とか何とか仰ってますけど、それ何処のクラスも一緒だから。
皆最後だから必死こいて練習してはりますよ。
やだやだ、やめてよね。
私、そういうのに熱くなるタイプじゃないんだってば。
巻き込まないでよ。
明日が始業式で、一週間の準備期間を経て、学園祭になります。
いやぁ、もう何でもいいから早く終われ。
今年の生徒会役員は皆して消極的です。
生徒会Tシャツなるものを毎年作っているのですが、満場一致で今年は作らないことに決定。
ちなみに理由は面倒だから。
確かに私もその意見には大賛成だし、余分なお金を出さなくて済むからいいんだけどさ…。
そういう団結の仕方って間違ってると思う。
生徒の代表がこれってどうよ。
なんかもう、どうにでもなれ…。

08/19
2008 Tue
Si le monde ou j'ai disparu bon
(世界あるいはわたしが消えてしまえばいい)



お盆前後から一人旅に行ってきた東雲です。
勉強道具をもって時たまヒッチハイクなんてことをしながら、静岡や福井や石川や神奈川や東京や栃木に行ってきました。
何考えてんでしょうね、私。
とりあえず自分探しの旅なんてカッコいいこと言っときます。
じゃないとあまりに情けないから。
ちなみに家族とは石川で合流後、白山を登りました。
余裕で死線を越えました。
下山後はまた分かれて私は栃木の別宅的なところに行って昨日の夜中に帰ってきました。
体力なさ過ぎて泣けますね。
体育は嫌いなんで運動は進んで避けてきましたし、致し方ないのでしょうけど。
実は何だかよく分からなくなってきちゃったんですよね。
自分が何をしたいのかとか、進路とか、人間関係とか。
ひどくクダラナイことで悩んでるな、と自分でもよく分かっていたからこそ余計に腹が立ってどうしようもなくて。
結局、両親の反対を押し切って一人旅に出ました。
石川で合流できたことが奇跡ですね。
良かった、事前に家族が泊まる宿を覚えといて。
いや、そんなことはどうでもよくて。
両手にクラスの子と生徒会の子の為に買ったお土産を持って帰宅するまでに、色々考えました。
ホント“色々”考えたんですよ。
結果を言うと、仮面受験生になろうと思います。
これはお金を出してくれる両親にも話していないのですが、夏前に担任の先生から持ちかけられた指定校推薦を受けて、来年に今行きたいと思っている学校を受験しようかなとあまりに計画性のない計画を立てました。
まぁ、それにはまず指定校推薦の枠をゲットできなければお話にならないんですけど。
これを言ったら色々と面倒な話が展開されることは予想するのが容易いので誰にもいいません。
考えがそこに行きつくまでを説明する気もありません。
ただ、自分のやりたい方向性を見失ってしまったが故に我武者羅に考えた結果だということだけ此処に書いておこうと思います。


copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。