Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/08
2008 Fri
Non importa con questo se lei attacca un danno e può diventare adulto.
(君が傷ついて大人になれるならそれでかまわない)



毎日毎日、暑くてダレてます。
京都の夏は湿気もあって二倍辛いです。
ほぼ毎日、市立図書館に行って勉強する日々なのでもはや「夏休みって、何?」のレベルです。
本当は学校で勉強しようと思ってたんですけど、夏は大会やらコンクールやらで部活で張り切りまくる人らを見るのが暑苦しくてしんどくて結局図書館に。
高校では学校のシステム上、部活には入れなかったのですが小学生の時はオーケストラ、中学生の時は吹奏楽部でファゴットを吹いていたのでその熱心さは重々承知なんですよ。
ゆーちゃんには言いましたけど、それこそ吹きすぎて喉から血が出るくらい練習した経験がありますから。
でもほら、それは部活という空間に所属したいたからそう思えただけでただの受験生と成り果てた屍のような私にとっては吹奏楽部の練習の音はおろか、運動部の掛け声にすら苛々する始末。
年上の従兄弟が受験生だった時「どうしてああも情緒不安定なんだろー…」とか思ってた数年前の私は万死に値すると本気で思う。
八月過ぎてもう半年も残ってないから焦るんですよね。
正直、受験勉強って何したらいいかすら分かんないし(致命的)
だってほら、高校受験の時なんかろくに勉強してなかった私ですよ?
前日に呑気に本屋行って新刊買ってそれ読んで翌日遅刻ギリギリで受験した人間ですよ?
今になって私、よくそんな状態で特進クラス受かったなとミラクルにびっくりです。
一生懸命夏に勉強したのに落ちた子に申し訳ないですよ、いや今更ですけど。
そんな訳で私、今までの人生で必死こいて勉強した記憶が皆無なんです。
だからでしょうか、折角図書館に行っての勉強も周りの宝の山(本)に誘惑されまくりで…。
のらりくらりと適当にやってきたらこんな惨事に…。
ああああ、もう少し必死に勉強するっていうスキルを身に付けておけば良かったと後悔の嵐です。
皆さんはこうなる前にきちんと勉強しましょうね。
私に言われたくないでしょうけど。
音楽に向けられている情熱と集中力のベクトルがちょっとでも勉強の方に向いてくれたら万々歳なんだけどなぁ…。

追記はお返事です!

≫和さん
お返事が遅くなってしまい、申し訳ないです…。
私の戯言にお付き合いいただき恐縮です。
どうにも私には一般的考えが当てはまらないらしく、普通と呼ばれるものの右斜め上をいってるようです。
生に関しても死に関しても私は独自の考えを持っています。
それを誰かと論議して間違いと認められたら変える、なんていう脆いものではありません。
その片鱗を前の記事では書き殴った訳ですが、それを読んで和さんが何かを考えるキッカケとなれば幸いです。
この度はコメント、ありがとうございました!

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。