FC2ブログ
Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/31
2008 Thu
Anche la felicità c'è neanche l'infelicità nel mondo. Ma, diventa anche a come con un pensiero.
(世の中には幸福も不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるのだ。)



特にこれと言って何かがあった訳でもないんですけど、今日で7月が終わってしまいます。
毎月毎月最後の日に言ってますが、年を追うごとに月日が経つのが早く感じます。
でもこれってすごく惜しいことのような気がします。
「今日という日は二度と来ない」とよく言われますが、その尊い一日があっという間に過ぎていくように感じるということは、その日を大事に出来ていないということなのでしょうか。
その日、その時、その一瞬の輝きを私は見逃してしまっていることなのでしょうか。
ふと、そんなことを考えました。
かと言って別に一日を惰怠に過ごしている訳ではないので、生物学上の問題なのでしょうが。
それでも幼かった時よりも知覚できる範囲は広がっても、世界は狭くなったように思えます。
具体的に説明しろ、と言われると何とも難しく抽象的にすら言葉に出来ないのですが…。
どうにも頭が固いらしく、哲学的な考えを好みがちな私が故の発言と思って黙殺していただければ有り難いです。
何はともあれ、この世界に生まれ出でてからの年月。
それこそ忘却の彼方へと飛んでいってしまった記憶も多々ありますが、私が思い出せないだけで“私”という人間は何一つ忘れることなく、全てを覚えていると思うんです。
何の科学的根拠もない妄言ではありますが、私はそう信じて疑いません。
私という存在なんて世界と定義されるものからすれば取るに足らない存在です。
歴史に名を残す偉人のように何か後世に伝えられることなんて何一つありません。
けれど私という存在を表現する存在として“私”があります。
私を含め誰も知らない、
私を含め誰も覚えていない、
そんな細やかな私の生きてきた道筋を記録している唯一の存在として“私”がいる。
それって素敵なことではないでしょうか。
「自分が生きていたことを知っている人がこの世に誰もいなかったら寂しい」という方々がいますよね。
決して否定する訳ではありませんが、私とこの方々は考え方を含めきっと相容れることはないでしょう。
別に先祖供養をなどしなくていいとか、愛していた人たちのことを忘れろとか、そんなことを言っている訳ではないんです。
ただ、それにどれほどの価値があるのかと。そう疑問に思うだけなのです。
先祖供養等々は今生きている方がすることであって、亡くなった方がやるものではないじゃないですか。
「自分が生きていたことを知っている人がこの世に誰もいなかったら寂しい」と口にする方は決まって「だからあの人も覚えていてあげなかったら可哀相」と続ける。
まぁ、稀にそうじゃない方もいますが、それでも圧倒的多数がそう言うんです。
何故ですか。
もう亡くなってしまってその意思を聞くことなど不可能なのに、どうしてそう言えるんですか。
自分の価値観とその人の価値観が同じであるとも限らないのに。
そもそも同じであるはずがないんですよ。
家庭環境、今まで過ごしてきた時間、何もかも違うのに。
仮に双子でそれら全てが同じだったとしても、個人としては違うじゃないですか。
物の見方が違うことなんて火を見るより明らかなことでしょう。
だから亡くなった人から見た自身のことと、今生きている人から見た亡くなった人のことは違うんですよ。
どんなに近くにいたとしても、同じはずがないんですよ。
だからこそ、覚えていてもらうこと、覚えていてあげることにどれほどの価値があるのか私には分かりません。
“私”が私を覚えていれば、それが何よりも私が存在した証になるのではないでしょうか。
…何だか書いていてよく分からなくなってしまいました。
どうしてこういう話になったんだろう。
まぁ、いいや。
きっとそれさえも“私”が覚えているだろうから。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■初めまして
ネットの海を漂ってたどり着きました。

今まで生きてきた記憶は忘れてしまっても
自分自身の細胞が、体が覚えてるって事ですよね。
そー考えるとすごいなぁって思います。

先祖って言っても曾ばぁちゃん位かなぁ。
オレに言える事は
曾ばぁちゃんがあの世でも胸を張っていられるよーに
生きていくってだけですかね。

| URL | 2008/08/02/Sat 14:21 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。