Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/13
2008 Sun
Puisque c'est bon dans une ligne, ne rien partir.
(行ってもいいから、何も残していかないで)



目前に夏休みが迫ってきてようやっと受験生としての自覚…ってか焦りが出てきたっていうね。
あかんとは思うんよ、この緊張感のなさ。
せやけど元来の性格というか何と言うか、問題が緊迫するまでほったらかすのが私やったし。
今更急に変われるか言うたらそうでもないしな。
もう最悪、明日発表の指定校推薦の枠見て進路を年内に決めてしまおかとか思ってみたり。
…いやいや、でもこの時の頑張りが将来に繋がるしやっぱ頑張ろう、うん。
凹んだら慰めてな?(誰に言ってるんだか)

話は変わってこれまた緊張感のないうちのクラスの話。
驚いたことに三年間で初めて合唱コンの朝練をしているんですよ。
あ、ちなみに曲は19のあの紙ヒコーキくもり空わってです。
古い」とか言わないでください。
…え?」とか言わないでください。
うちのクラスの愉快な仲間達は少々、周りが見えてないんです、はい。
まぁ、私はピアノ伴奏だから別にいいやーって賛成した奴が言えることじゃないですけど。
そんなこんなでピアニカまで持ち出して練習してる訳ですが、一向に上達の兆しが見えないんですよね。
しかも課題曲ほっぽりだしてまでやってんのにですよ。
皆、どんだけ音楽センス無いの!?みたいな。
いくら音楽が選択で、なおかつ今年しかなくても今まで何回も経験してるでしょ!
…と言いたいのは山々だけれど、あえて黙っとく。
これ以上の亀裂は卒業まで耐えられそうにないもの。
もう少し、お互いに譲歩することを覚えたほうがいいと思うのよね、私。
きっと将来困ると思う。
世間にいる人皆が私みたいに「うん、そうだねー」って同意してくれると思ったままだなんて可哀相すぎる…!
とは言っても私がいつもいつも他人の意見に流されてる訳じゃないけどね。
伊達に三年間このカオスなクラスを表面上、一つに纏めてた訳じゃないのよ。
室長として日々奮闘して……あ、涙出てきた、やばい、客観的に見て私可哀相すぎる。
私の青春、ゴミ箱にぽいぽいのぽいじゃないですか。
嗚呼、戻らぬ私の高校生活…。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/07/14/Mon 19:10 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。