Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/09
2008 Wed
Se soltanto alcuni è qui ed il dorso l'esegue a un grado leggero, fonderò nel mare.
(あと少しだけここにいて、もう少ししたら海に溶けよう)



もう何かやけに疲れた…。
スタディーサーチ、撃沈した。
特に数学。
120分もいらないよねー、なんて呑気なこと言ってたら実際はカツカツだった。
分からないところは適当に数字埋めて、とにかく全部解答した。
最初の方はありえないくらい解けてたのにページを捲る度に手の動きが遅くなる。
最後のページにいたってはもう見た瞬間に頭を抱えた。
意味分からん、あれ習ったとか絶対ウソだ、とかほざいてみる。
そんなこんなで一応、テスト終了。
結果が三年最初の面談に使われるのが嫌だな、と思いつつ指の怪我を理由に時間が足りなかったんですと言い訳しようと心に誓いつつ、例のヒノエ狂とメイトにGO。
うへへ、うへへ、と怪しい笑みを携えながら一緒に遥かの棚の前で過ごした。
実はヒノエあんまし好きじゃないなんて口が裂けても言えない。
そうそう、メイトに行く前に三条大橋でロ/ンブーの田/村/亮見ましたよ。
テレビの撮影だったみたいでしたけど…、何か仏頂面で不機嫌そうでした。
別に好きでもなんでもないんで激しくどうでもいいんですけど。
そんなことより帰り道で校長を見かけたことがヤバイ。
ちょうど高山彦九郎像のあたりだったかな?
時間にして5時15分。
一緒に歩いていた友達はネクタイ外してカッターの第二ボタンまで開けてスカート短くしてオニギリ食べてたので物凄い素早い動きで私を盾にしやがりました。(あん畜生…!)
幸い、こっちに気付いた様子はなかったのでセーフ!ってとこでしょうか。
もう心臓バクバク云わせながらファミマにAPHのThe本を取りに行ってニヨニヨしてました。
菊様の活躍がもっと見たかったけど、とりあえず手元にあるだけで幸せなのでヨシ。
きしょいと言われても全然気にしなかった。
だってヒノエ狂も充分きしょいもん←
リボーンも返ってきたからちょっとばかし萌充電したら勉強しよっと!


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。