Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/15
2008 Sat
Comunque potrebbe desiderare, anche se ha tenuto la luna, il sole è sorto spietato.
(いくら願っても月にしがみついても太陽は容赦なく昇った)



今日は京都会館であった立●館中学校・高等学校吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。
友達が通ってるのでお誘いされたので、折角の休日を潰してまで聴きに行きました。
(あ、ちょっと言い方刺々しい?)(…ま、いっか)(私にしてみたらこれが普通だし)
演目は、まぁまぁ魅力的なものだったんですけどね。
高校生ステージ、中学生ステージ、ミュージカル美女と野獣…。
でもねでもね、ごめん。
めちゃくちゃ下手だった…!
私、自分に正直に生きてるからこれは誤魔化しようがないのよ。
友達がいるから、なんて関係ない。
関係者が見ているならここで読むのを止めてもらいたい。
読み終わった後、私に対して文句は言わないようにしてください。
さて、本題ですが…あれはとても人様に披露するレベルに到達していないように思えます。
ピッチはあってないわ、金管の音割れはひどいわ、中低音は一つ音を出すのにもおっかなびっくりな状態で…。
友達には悪いけど、途中で帰らせてもらいました。
ごめん。
全面的に私が悪いと思うけど、とても聴いていられるようなモノじゃなかったんよ。
唯一笑って誤魔化せたのは美女と野獣の盗賊、ジョニーの存在だけ。
一緒に観にいった子も、それに関しては私と同意見だったみたいです。
定期演奏会ですから、今年はやらない!なんて勝手なマネはできません。
ええ、そりゃあもう、自分も経験していますから分かりますよ?
でもだからこそ、その日までにある程度のレベルにまで引き上げる必要はあるのでは?
仮にそれが不十分だったとしても、せめて個人だけでなくパートごとにピッチを合わせておくとか…。
去年は関西大会銀賞だったらしいので、主要メンバーである高三が抜けたからと言って、もう少しマトモな演奏が聴けると思っていました。
辛辣な言葉ばかり並べてお前に何が分かるんだ!と言われてしまえばそれまでですが、三歳の時からピアノ、小四の時からオーケストラクラブでファゴットを始め、中学では吹奏楽、高校では部活には入らなかったものの校外で個人的にレッスンを受け、オケ団に身を置いている私からすればあまりに杜撰な定期演奏会だったのではないかと言わざるをえません。

本来ならもっと実力があるはずなんです。
アイデアに富んでいて、客を飽きさせないようなパフォーマンスをすることも容易いでしょう。
音楽の質をもっとあげて、これから夏のコンクールに向けて頑張っていってほしいです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。