Contigo al fin de mundo.
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/29
2008 Fri
La morte e l'amore di un nome che è detto a lei che sono eterno
(君に永遠と言う名の死と愛を)




私は何処から来て何処行くのかも、私が誰なのかも、私は知らない。
byアーウィン・シュレーディンガー(墺物理学者)

テストなんていう紙切れで私を評価しないで!
スポンサーサイト
02/28
2008 Thu
It grew up with the world not known and happiness has been held.
(世界を知らないまま大人になって幸せを掴んだ)



無理だ、無理だ!
ごめん、誰に対してか分かんないけどとにかくごめん!
清々しいくらいに昨日と言ってること違うけどさ!
人間、不可能なことは山ほどあるんだって!
02/27
2008 Wed
Catégoriquement, à un bout du doigt, une petites bobines de bulle, et n'enfonce pas et sépare.
(頭から指先まで、小さな泡が纏わりついてはなれてくれない)



不可能とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。
不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。
不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
不可能とは、誰かに決めつけられることではない。
不可能とは通過点だ。
不可能とは可能性だ。
不可能なんてありえない。
by モハメド・アリ

…人間死ぬ気になればなんでもできるさ!
02/26
2008 Tue
Il n'aura pas d'importance, s'il obtient endommagé et s'habitue à un adulte.
(傷ついて大人になれるならそれでかまわない)



さよなら、ロマノフ王朝!
(ロシアの近現代史は整理しやすくて助かるよ!)
02/25
2008 Mon
Je tournerai le monde pour vous qui tirera une détente pour vous.
(あなたのために引き金を引こう、あなたのために世界は回ろう)



何だか苦手な理系科目にばかり時間を取られて、文系科目に手が回らない…。
やってもやっても終わらない。
無限ループ出現中。
02/24
2008 Sun
Il n'attend pas au temps !




時は待ってはくれない!
02/23
2008 Sat
Il a terminé à tous les jours qui est devenu sentimental.
(ぐちゃぐちゃになった毎日に終わりを告げた)



ここは何処?
ここは乙女の無法地帯。

(萌えに逃げ込みたい、学年末考査二週間前)
02/22
2008 Fri
Employez-moi efficacement dans seulement votre monde.
(貴方だけの世界で私を生かして)



学校は数十分でいいから昼寝の時間を作るべきだと思う。
最近は何をしていても眠たくて、何度溺死しかけたことか。
マジで眠たい。
これを書いてる間も眠たくて仕方ない。
日陰で寝たい。
日向は紫外線がキツいから嫌だ。
新しい人権の代表例、日照権があるのだから日陰権があってもいいと思う。
これ、誰か同士はいないかな…別にマイノリティーでも全然構わないけど。
ただ、隋の皇帝とは気が合いそうにない。
日没する処の天子。
別にいいじゃないか。
日陰万歳、たまに日の目を見たいけど普段は日陰がいい。
日陰権を主張したい今日この頃。
02/21
2008 Thu
Contigo al fin de mundo
(世界の果てまで君と一緒に)



20080221205321


突然、「お届けものでーす」とバタバタ押し掛けてきたメンバーの手には箱。
学年末考査二週間前を切った私としては適当にあしらって、さっさと帰したかったのですがそれは無理でした。
「誕生日プレゼント」と渡されたその箱の中には↑のサンダル。
すみません、色々突っ込ませてください。
まず、私の誕生日はホワイトデーです。
それから次に、掘り出し物見つけて元手タダ!とは普通あげる側には黙っとくもんでしょう。
そして最後に、せめてもの配慮としてMade in Chinaのシールは剥がしとけ。
しかもさ、私はひそかに足が大きいから縦はまだしも横が微妙にキツいんですけど!
足の大きさくらい聞いとけよ!
…いや、くれるもんは有り難く貰っとくけどさ。
02/20
2008 Wed
You are poor at telling lies
(あなたは うそが下手ね)



昨日に引き続き、授業が異様にしんどかった…。
挙げ句の果てにはクラスメートにオカルト扱いされるし、いや、別にいいけどさ!
特に書くこともなくて困る。
ああ、一つ言うなら青春という名の下に汗と涙の土台を固めようとする熱血教師及び、淫らな単語にしか反応しない中学二年生(男子)は死ねばいい。
そんな所だろうか。
東雲の暗黒の中三時代の担任が熱血教師だったことや、東雲に中学二年生の弟がいたりするのはほんの偶然だ。
そこ。
疑わない。
他人を信じることを忘れたら人生おしまいです。
疑ってばかりのキミは狸になりますよ、きっと。
日本の国旗が実は降伏時の白旗が余ったから、じゃあ真ん中に赤丸でもドーヨ?的な安易な考えで出来ちゃった、みたいな想像力を持った子を白い目で見るような子になりますよ。

……結局の所、何も書くことがないので脈絡のないことばかりなのです。
02/19
2008 Tue
Nihili est qui nihil amat.
(何も愛さない者には、何の値打ちもない)



予餞会当日の今日。
もう何も言うまい。
取り敢えず、高3の先輩方には満足いただけたようだし。
私は影マも音響もバッチリこなせたし。
「綺麗な標準語の影マだったけどヤル気なさげだった」とか「なんか眠そうな声だった」とか言われたことなんて気にしない!
先生に「音響のフェードアウトばっちりやった」と褒められたので、そんなこと屁のカッパ!
子女様たちなんて眼中にないのよ、オホホ!
精神的な疲労が溜まりすぎてやばい。
それに影響されて身体が異様に疲れてるもん。
02/18
2008 Mon
Nemo enim potest omnia scire.
(誰も全てを知ることはできない)



【気遣い】
あれこれと心をつかうこと。
心遣い。また、気がかり。
心配。     (広辞苑)


彼女は本当にこの意味を理解して“気遣い”という言葉を使っているのでしょうか。
今日は前日準備の為に京●会館に行ってきました。
顧問の先生には自分の準備が出来次第、各自京都●館の楽屋入口に行くよう指示が出ていました。
それを受けて高二の私と蜜柑とMは、男子軍団と共に先に行って他の生徒会役員よりも早く搬入作業を始めました。
バラバラと高一、中学のメンバーが到着して手伝い始める中、のらりくらりと歩いてきたのが子女様たちでした。
生徒会室の鍵を締める等の作業をしていたかもしれないので、その点に関しては言わないでおくとしても、搬入作業の後の一息ついているその時が問題でした。
中学生が帰り、先生たちが打ち合わせでいないのをいいことに、子女様節炸裂。
経験者でも何でもない今年からの奴から非常に腹立たしいお言葉をいただきました。


「高二生さぁ、中学生とかってやっぱり先輩を頼りにして何も動けへんし、引っ張ってもらわな困んねんかぁ。今日みたいにな、自分らだけ先行くみたいな勝手な行動されたら、全体が回らんし。そういう、何?気遣い?みたいなんは大事やと思うし。ちゃんとやって」


申し訳ないのですが、私には理解力が足りないらしく彼女の言っている意味が分からないんです。
「高二生さぁ、」と言いつつ、実質は私を含めた三人に向かって言っている訳で。
だったら高二だけで集まってそこで言えばいいのに、何でわざわざ高一や男子軍団のような後輩がいる目の前で言うのでしょうか。
第一、勝手な行動をしたと評された私たちがいなかったら、トラックがついても搬入作業をするのはそれを運転していた先生や京都会●のスタッフさんだけになっていたというのに。
それすらも理解出来ないのだろうか。
言い終わった後に「かっこよくね?」と子女仲間の会長さんに向かって誇らしげに言い、自分に酔うのは結構ですが他人に迷惑のかからないような場所でやってくれ。


自分自身が何でも完璧にこなせる訳ではないので、本当はあまり他人の批判したくないのですが、今回ばかりは無理です。
不愉快です。
私たち三人を虐げて、それでもって貴方たちの言うことを聞くだけの駒になれというのか。
歩み寄る、という姿勢を一切見せないどころか「アンタたちとは違うのよ!」と先生のいない所で態度に出す始末。
そんなに気に入らないなら、お仲間意識のある内部組だけで生徒会役員を構成すればいいものを。
もういい加減にして。
02/17
2008 Sun
Occasio non facile offertur sed facile amittitur.
(機会は簡単に与えられるものではなく、すぐに失われるものである)



嗚呼、もう己の不幸を呪わざるをえない!
…なーんちゃって。
一週間、まるで休みなしだった東雲はすっかり曜日の感覚を失い、今日は土曜日の気分でした。
明日が学校だということの自覚ができません。
今日も今日とて子女様たちの怒りを買わぬようにヘコヘコして過ごしました。
(そして心の中で鼻で笑っていました)
後輩の男子軍団と大富豪で5連勝をもぎ取り、有頂天になっているところを下剋上されて都落ちだなんて知りません。
絶望した。
何に絶望って人の手札の最高カードを奪って、早々に上がった奴に対してですよ。
くそっ、蜜柑め!
あたしのキングを返せ!!
そんなこんなの、すったもんだをして生徒会活動が終わって、髪の毛をバッサリいきました。
この寒いのに髪の毛を短くして、その後、雪降りしきる中で繁華街へ。
生徒会に対する不満を爆発させながら私プラス、子女様たちではない高二生は薬局に寄って帰りました。
(なんだそりゃ)
02/17
2008 Sun
Omnis habet sua dona dies.
(すべての日は、それ自身の贈り物をもっている)



土日返上で予餞会の練習。
来週は学年末、二週間前。
もっと前から練習し始めろよ!
何で二週間前に予餞会なんて行事入れてんだよ!
17:30~21:00まで同じ生徒会役員の子とマックで語り合いました。
色々と。
少しはストレス発散になった、かな?
02/15
2008 Fri
Amor magister est optimus.
(愛は最良の教師である。)



世界はどうしてこんなにも不条理なのでしょうか。
約一年前、踏切に飛び込んだ女性を助ける為に己も飛び込んで、そして亡くなってしまった警部さんがいました。
あまりに衝撃的だったので、記憶に新しいのではないでしょうか?
今日はどうしてこの話なのかと言うと、先程までその警部さんのドキュメンタリードラマをやっていたからなんです。
影響されやすいお年頃なんです。
“死”というものが氾濫し過ぎる昨今で、他人の命を救うのに自分の命を犠牲にできる人はどれだけいるのでしょう。
何も、それが正しいという訳ではありません。
自分を大切にできない人間が他人を大切にできるはずがないのですから。
でも結果的にそうなってしまった時、貴方は助けた相手を憎まずにいられますか?
お前さえこうしなければ自分は死ななかったのに。
死んでから自我意識があるかどうかは定かではありませんが、こんな風に思わずにいられますか?
おそらくそういった人はいないのではないでしょうか。
一秒、否。
ほんの一瞬の間に必ず思うはずです。
如何に自己犠牲の精神を持ち合わせていようと、最期はやはり自分を世界の中心において視るでしょう。
それが人間です。
助ける為に飛び込んだ時に何の迷いも後悔もなくとも、自分の死が目の前に突き付けられたその時には…。
あの警部さんのしたこと、それは尊い命を救ったという点で素晴らしいことだと評価されるべきでしょう。
しかし、警部さん自身の何物にも替えがたい命を落としたという点では、素晴らしいと評価することは出来ません。
世界は不条理です。
平等なことなど一つもありません。
何が正しくて何が間違っているのかだなんて人の数だけ意見が違うのだから、民主主義的価値観で少数派を切り捨てて考えるべき問題ではないのです。
02/14
2008 Thu
Imperium sine fine dedi.
(私は際限のない支配権を与えた。)



20080214193408


↑本日の戦利品。
いやはや、さすが元女子校。
男子なんていないようなもんです。
友チョコのおこぼれを頂戴してる君らなんて!
まぁ、それはおいとくとして。
吐き気がします。
甘いもの嫌いな私には地獄のような一日でした。
その上、今年はタッパー族が超元気!
イッコ取ってーと突き付けられたら断れないのが日本人気質の悲しいところ。
とかなんとか言いつつ自分もタッパー族だったんですけど。
帰り道で甘いものが嫌いなのは人生の半分は損してると言われたんですが、全くもってそうは思いません。
過剰摂取は太る原因ですよ!

あ、親愛なるお母様!
お誕生日おめでとう!
明日にはプレゼントのまな板用意するから待っててね!
02/13
2008 Wed
You still have lots more to work on…
(まだまだだね…)



自棄(やけ)のやんぱち日焼けの茄子(なすび)。
色が黒くて食い付きたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよ。

上記は我らが寅さんの言葉です。
腹が立って腹が立って仕方がない時に、胸中でブツブツ言ってたりします。
日焼けした茄子は萎びてとても歯を立てられないように、馬鹿馬鹿しすぎて相手をするのでさえくだらないという意味で私は受け取ってたりします。
(いや、本来は違うんだろうけど)
生徒会活動が再始動するまでは、この言葉はナリを潜めていたんですが…どうもダメですね。
子女様たちが…!
あまりに周りが見えなさ過ぎて苛々します。
困りましたね。
まぁ、その苛々が原動力となって勉強は進むんですが。
02/13
2008 Wed
I'm blessed to have you in my life.
(君が居てくれて僕は幸せです…。)



なんやかんやで結局、昨夜は充分な睡眠時間を確保することが出来なかった…。
腰痛いし、最悪!
あ、ちなみに腰が痛いのは別にあんなことやこんなこと、要は伏せ字を使わないとまずいようなことをやらかしたのではなくて、ただ単にチョコ論争にムカついた私から始まった激しい蹴り合いのダメージと、向こうソファー私床みたいな状態に身体が悲鳴をあげた訳であって、別にこう未成年者に悪影響なウフフアハハな破廉恥な行為に及んだとかそんなんじゃないし私とあの馬鹿とはそんな関係でもない上に、まず私のキャラじゃない。
とどのつまり何が言いたいかと言えば、全くもって心配する必要はないってことなんですよ。
(いや、誰もそんなこと気にしちゃいないだろうけど!)
いやはや、何だか訳の分からない方向へと熱弁を振いましたが、もう放っておいてください。
「ああ、もうこの子はここまで脳が侵されてるんだ…」と哀れみの眼差しを向けてやってくださればそれで。(気持ちは貴方の笑顔プリーズ!)
甘い物嫌いなのに結局、バレンタイン用のお菓子を作っちゃうしね!
もう、どうにでもなれだよド畜生!
最近言葉使いが荒くて困っちゃう!
一体誰の所為かしら?
02/11
2008 Mon
Non statim pervenitur ad summum.
(人はただちに最高の高みに到達することはできない。)



正しい現実逃避の第一歩は、まず現実から逃げられないということをきっちりばっちり知ることであって。
現実という言葉自体が脱兎の如く逃げ出しちゃうようなこの状況だと、アレだ、もう現実逃避のレベルってか範疇ってか、とにかくそんな色んなモンから飛び出ちゃう訳で。
すいません、ちょ、マジ誰か助けて。
何この意味分からない生き物。
帰れ、否、還れ。
私の前に存在さえしなければそれでいいから、つーかむしろ、その場所が土でもオールOK!
問題なんて一つもない。
私がブログの記事を打ってるとも知らないで、人の部屋で体育座り。
凹むなら自分の部屋でやれよ。
嘘つきの子と喧嘩したからって私に慰めてもらおうだなんて図々しいんだよ馬鹿め!
大体、なんで私?男友達のとこ行けよ!
これでも私は生物学上、女な訳なんですよ。
お前の心情なんか分かるか阿呆め!
嘘つきの子は嘘つきの子でメールで私に愚痴たれるし…!
板挟み?全然嬉しくない!
しかもまぁ、くだらない。喧嘩の内容がマジでくだらない。
チョコで喧嘩ってドーヨ?「ホワイトチョコは邪道か否か!」なんてくだらない論争は余所でやってくれ。
バレンタイン近いからってドキドキするような人間じゃないだろ!毎年毎年、私は甘い物が嫌いだって言ってるのに嫌がらせのようにチョコの消化を手伝わせやがって!
あー!ムカつく!
何なんだよ、その俺はモテますアピール!uzeee!
この際、チョコに埋もれて死ねばいい。
02/10
2008 Sun
Jucunda memoria est praeteritorum malorum.
(過ぎ去った苦しみの思い出は、喜びに変わる)



今さっき全統記述模試が終わりました。
2型の私でさえ、これだけしんどいのだから1型と3型を受験した人はもっとしんどいはず。
数学①はなんとかなった。(ような気がするたけ)
数学②はもうダメだ。
かろうじて数列と微積分が解けてるくらいで、ベクトルやら解の公式やらは死んだ。
というか、英語で既にアウト。
もっというと初っぱなが世界史で、あれれ?こんなはずでは、みたいな?

(全然関係ないですけど、今バスの中で次は壬生寺だったりします。新撰組!日本史の先生曰く、彼らは現代でいうヤクザらしいです…。)

それはそうと寒かった。
そしてショボかった。
先週受けたのが京都大学だったので、余計そう見えたんでしょうね。
ここで今日の会場の場所の名前を出しちゃうとアレなんで言いませんけど。
分かる人には分かっちゃいますよね…。
まぁ、いいや。
取り敢えず私は、この大学には通わないだろうなぁ…と思った訳です。
とんでもなく失礼な話ですけど。

今から本屋に行きます!
癒しを求めて…!
02/09
2008 Sat
Tempora mutantur, et nos mutamur in illis.
(時は移ろい、私たちも変わってしまう)



一言日記。

アニリボの展開が気になる…。
02/08
2008 Fri
Litore quot conchae, tot sunt in amore dolores.
(浜辺に貝殻があるように、同じだけ恋に悩みはつきもの。)



ヤバいね!
L大好きだッ!
月よりも全然好きだ。
松山Lは、ちょっと萌に欠けるけど…。
でもやっぱりLは好き。
Lが好き。
可愛いよね、うん。
ああ、でもロサンゼルスBB事件の犯人のビヨンド・バースデーも好き。
彼の狂気には魅せられます。
Bの為なら甘いもの嫌いな私だけど、いちごジャムを毎日作ってもいい。
02/07
2008 Thu
Amoris vulnus idem sanat, qui facit.
(恋の傷は、それを負わせた者にしか癒すことはできない)



何やかんやで実は“鹿男あをによし”だけは家族全員でテレビの前に鎮座している東雲家…。
今回の「あいつ、ひょっとして……………馬鹿じゃないのか」という鹿のセリフにケタケタと笑い転げました。
そこまで笑わなくても…と思うくらい笑って、床をバンバン叩く弟たち。(近所迷惑)
つられて、ひーひー言いながら笑いまくる私と母。
見事なまでにうちの家族は笑いのツボが同じらしい。
一種のカオスな世界が両手を広げてやってきました。
笑いの神様光臨です。
おかげで腹筋がマジ痛い。
やばいよ。
家でも学校でも笑ってしかいない…!
02/06
2008 Wed
Difficile est longum subito deponere amorem.
(長く続いた恋をすぐに捨てることは困難である)



あ、焦る…!
うちのクラス、やばいよ!
何がやばいって…テンション?
腐っても特進なのでボケもツッコミもハイレベル!みたいな?
受験生という3文字を引っ提げて、プレッシャーをかけまくる先生たちにプッツンしちゃったんでしょうかね?
取り敢えず今日一番笑ったのは終礼時のAさんの「リップクリームの中身がどっかいった!」というセリフ。
中身のないリップクリームを突き付けて担任に言ったAさんには悪いが、非常に面白かった。
「一緒に探して!」とクラスメイト全員に向けてのSOSも、笑い声でかき消される始末。(哀れだ…)
最終的には「もうエエやろ。お前は落ちたヤツをつけるんか?」という担任の冷静な切り返しにより幕を閉じました。
こんな感じなんです。
うちのクラスは。
02/05
2008 Tue
Why did not the endless darkness swallow only you? 
(果てしない闇はどうして君だけを呑み込まなかった?)




あてられた!
三学期の世界史の授業で初めてあてられたよ!!
いやぁ、昨日の今日で「まさか!」と思いましたが…良かった。
先生ってばちゃんと私を視界にいれてくれてたのね!
(単純とか言わない!)(長い間ほったらかしにされてたんだから)(仕方ない!)
この際、問いの内容のレベルについて何も言うまい。

「ヴェルサイユ条約は何処と何処の国間で結ばれた?」

そんな常識問題でも全然構いません!
…え、これ答え合わせ必要ですか?
分かりますよね、有名だし。
大丈夫、だよね?
……分かっているということにします。
分かんない人は、こっそり挙手してください。
バッチリ教えてさしあげます。
まぁ、そんなこんなで今日一日は過ぎ去った訳です。
02/04
2008 Mon
She is shut up within her own small world.
(彼女は自分だけの世界に閉じこもっている)



一日遅れの豆まきをしました。
ほら、昨日は模試でクタクタだったからさ。
前にも言ったような気がしますが、この時期「鬼は外」された鬼たちはこぞって佐渡島に行くに違いない。
鬼太鼓という鬼の面と動きをして叩く太鼓の文化が佐渡島にはありますし、其処では「鬼は外」ではなく「鬼は内」ですからね。
いやはや、全国各地で一斉に追い出された大量の鬼を受け入れるなんて懐が広いですね。
とても真似できません。
私はひどく懐の狭い人間なので。

それはそうと最近、私は世界史の先生に嫌われているんじゃないだろうかと思い始めたりしてます。
世界史の授業を取っているのは私を含め6人しかおらず、そのうち2人が同じクラスなんですが…。
新学期に入って、私以外の5人は授業中にあてられました。
もう2月です。
週3回の授業があって、私は未だ一度もあてられておりません。
同じクラスの子らには「いいなー」と羨望の眼差しを向けられますが、私自身は非常に居たたまれないのですよ。
何だか「お前に訊いたってどうせ答えられないだろ、はんっ!」と遠回しに言われているような気がします。
いや、実際答えられないんですけど。
そんなに私が嫌いか!
ああ、…これじゃあ迂闊に質問しに行けないよ。
(チキンハートですから!)
02/03
2008 Sun
Don't cry anymore. I was born to make you happy.
(もう泣かないで。僕は君を幸せにする為に生まれてきたんだから)



あ、はは
もう笑うっきゃないね!
何だよあの数学の模試!
センターの方がよっぽど簡単だったんですけど!
自己採点する気も起きない…。
明日やろう、うん。
なんかアレですね。
年度末だからか知らないけど、かなり難しかった…。
すごい焦る。
こんなんで私、本当に大学受験出来るんだろうか…。
(いや、受験は誰でも出来るけどさ!)
睡魔に負けてる場合じゃないよ…!
02/02
2008 Sat
How dare you say such a thing?
(よくもそんなことが言えるね?)



この世で一番強いのは、
睡魔だと思う。
眠た過ぎて、集中力80パーセント減!
模試の勉強なんか出来やしない!
明日の全統記述模試は終わった…。
02/01
2008 Fri
Levis est fortuna 
(運命は軽薄である)



知らないよ、君なんか。
ぬるま湯
に浸かったままの君


だボクの本当
は見抜けない。
やっと捕まえた。
いのち

だれにもあげないよ。
書き殴りのボク
らの未来は電線に絡まれて、
しかめっ面。
ぬくもりは
ゆいいつボクの
目にあるのに、サヨナラ

未知数分だけ詰め込んで
呼ぶんだ、君を。
うしろにはきっ

おいでおいでする

う一人の君
copylight © Kommt ein Gebet nicht an?. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。